ENET25 血液検査辞書
血液検査辞書は、血液検査結果の項目を検索して、その意味と数値の下限〜上限を簡単に調べることができます。

[研究所] [使い方] [一覧表示] [本文表示] [管理者] [設定画面]
登録件数:53件/最大登録数:100件
索引 分類 キーワード 条件: 表示:
No.49 Mg マグネシウム

マグネシウムとは

マグネシウムは体内では半分以上がカルシウムと共に骨や歯に存在しており、残りは筋肉や神経細胞などに存在しています。

マグネシウムは体内にある数千種類の酵素のうち、約300種類の酵素を活性化させて体内のさまざまな代謝を助け、さらに心筋や筋肉の収縮、神経の情報伝達にもかかわる必要不可欠なミネラルです。


細胞の内側にマグネシウム、外側にカルシウムが多く存在しており、カルシウムが細胞の中に出入りすることによって発生した電流でシグナルが伝えられ、筋肉の収縮に関係します。

このためマグネシウムとカルシウムのバランスが崩れると筋肉が正常に動かなくなり、しびれやけいれんが起きたり高血圧や心臓病の原因となったりします。

また神経の興奮が抑えられなくなって、いらいら、抑うつ状態などの症状を引き起こします。


マグネシウムはインスリンの分泌にも係わっているため、不足するとインスリンの感受性が低下し、高脂血症、高血圧、糖尿病などを引き起こしやすくなります。

また、マグネシウム不足は活性酸素が増加するので、コレステロールが酸化され動脈硬化を促進したり、血栓ができやすくなったりもします。

マグネシウムが不足するとビタミンB1が体の中で働かなくなり、疲労が蓄積します。

マグネシウムが不足しても、カルシウムが不足しても一緒に骨から溶け出し、血液中の濃度を高めます。

このとき、副甲状腺ホルモン(PTH)は上昇します。

基準値   1.8〜2.4 mg/dl
--------------------------------------------------------------------------
疑われる病気

高値
慢性腎不全、アジソン病、ビタミンD投与、急性肝炎、急性腎不全乏尿期、甲状腺機能低下症、ミルク・アルカリ症候群、高Mg透析液使用、Mg剤過剰投与、白血病など

低値
慢性アルコール中毒、利尿剤投与、慢性腎不全利尿期、尿細管性アシドーシス、原発性アルドステロン症、急性すい炎、吸収不良症候群、家族性腎性Mg喪失症、糖尿病など

索引【M】 分類[血液検査項目] 登録日-2013/01/15 04:39



管理者:遠山 英幸 - No: 登録キー:
- ★血液検査辞書 Ver0.89 -