ENET25 血液検査辞書
血液検査辞書は、血液検査結果の項目を検索して、その意味と数値の下限〜上限を簡単に調べることができます。

[研究所] [使い方] [一覧表示] [本文表示] [管理者] [設定画面]
登録件数:53件/最大登録数:100件
索引 分類 キーワード 条件: 表示:
No.55 RA リウマチ因子

リウマチ因子とは

リウマチ因子はしばしば関節リウマチの患者の血清から検出されます。

リウマチ因子は自己の免疫グロブミンの成分と反応する抗体です。

抗体は本来は外部から侵入した異物や細菌を排除するためのものですが、自分自身の身体を攻撃することがあり、自己抗体と呼ばれます。


関節リウマチは自己の抗体が主に手足の関節を侵すために関節痛や関節の変形が生じる疾患です。


血液検査などでは、ひとつの検査でどの疾患かを特定することは出来ませんが、自己抗体の検査ではリウマチ因子が見つかれば関節リウマチであり、抗核抗体が見つかれば全身エリテマトーデスのように、自己抗体によって疾患を特定することができます。

基準値  陰性(−)
-------------------------------------------------------------------------
疑われる病気

陽性(+)の場合
全身性エリテマトーデス、シェーグレン症状群、強皮症、細菌性心内膜炎、腫瘍、変形性脊椎症、関節リウマチ、肝疾患など

索引【R】 分類[血液検査項目] 登録日-2013/01/15 04:46



管理者:遠山 英幸 - No: 登録キー:
- ★血液検査辞書 Ver0.89 -