ENET25 血液検査辞書
血液検査辞書は、血液検査結果の項目を検索して、その意味と数値の下限〜上限を簡単に調べることができます。

[研究所] [使い方] [一覧表示] [本文表示] [管理者] [設定画面]
登録件数:53件/最大登録数:100件
索引 分類 キーワード 条件: 表示:
No.43 TG 中性脂肪

中性脂肪とは

中性脂肪は脂肪酸のグリセリンエステルで、脂肪酸グリセリンエステルはモノクリセリド、ギグリセリド、トリグリセリドの3種類が存在しますが、血液中の中性脂肪はトリグリセリドが90〜95%を占めるので、中性脂肪といえばトリグリセリドと同義とされています。したがってTGと記されています。

中性脂肪とコレステロールを同じものと思っている人もいますが、コレステロールは細胞膜やホルモン、胆汁酸になりますが、中性脂肪はエネルギーの貯蔵物質として肝臓や脂肪細胞内に蓄えられます。

状況によって中性脂肪は脂肪酸に変換されてエネルギーになり、また、全身の脂肪組織の主成分として、生体エネルギーの貯蔵の役目も担っています。


高脂血症の検査ではコレステロールと並んで中性脂肪が重要です。

食事で摂取される脂肪のほとんどは中性脂肪です。

中性脂肪は肝臓でも合成されるので、食事から取った脂肪だけでなく、炭水化物、糖分も中性脂肪になります。

飲酒によっても肝臓での中性脂肪の合成が促進されます。

過剰になった中性脂肪は肝臓に蓄積されて、脂肪肝の原因になり、さらに慢性的になると肝細胞が繊維化して肝硬変に進行します。

基準値   50〜149 mg/dl
--------------------------------------------------------------------------
疑われる病気

高値 
高脂血症、糖尿病、甲状腺機能低下症、閉塞性黄疸、ネフローゼ症候群など

低値 
甲状腺機能亢進症、肝硬変、腫瘍などによる代謝異常など

索引【T】 分類[血液検査項目] 登録日-2013/01/15 04:32



管理者:遠山 英幸 - No: 登録キー:
- ★血液検査辞書 Ver0.89 -