ENET25 血液検査辞書
血液検査辞書は、血液検査結果の項目を検索して、その意味と数値の下限〜上限を簡単に調べることができます。

[研究所] [使い方] [一覧表示] [本文表示] [管理者] [設定画面]
登録件数:53件/最大登録数:100件
索引 分類 キーワード 条件: 表示:
No.58 グリコアルブミン

グリコアルブミンとは

グリコアルブミンは血清中のたんぱく質の主要成分であるアルブミンがブドウ糖と結合したものです。

グリコアルブミンは血液中のブドウ糖の濃度、接触時間の長さに比例して増加します。

HbA1c(グリコヘモグロビン)も、赤血球に含まれるヘモグロビンが血液中のブドウ糖と徐々に結合してHbA1cになるために、過去の血糖値のコントロール状態を知る指標として利用されます。

グリコアルブミンとHbA1cの検査は過去の血糖値の変動を推定するのに利用されます。


アルブミンの半減期は20日前後、ヘモグロビンの約120日という寿命より短いために、グリコアルブミンはHbA1cよりも近い過去の血糖値のコントロールの状態を調べられます。

HbA1cが過去1、2ヶ月の血糖状態を知ることができるのに対して、グリコアルブミンは過去1、2週間の状況を知ることができます。

グリコアルブミンの検査値はアルブミンとの比率で表されます。

基準値  12.4〜16.3 %
--------------------------------------------------------------------------
疑われる病気

高値  糖尿病、甲状腺機能低下症など
低値  ネフローゼ症候群、甲状腺機能亢進症、肝硬変など

索引【グ】 分類[血液検査項目] 登録日-2013/01/15 04:50



管理者:遠山 英幸 - No: 登録キー:
- ★血液検査辞書 Ver0.89 -