お知らせ

インフル患者の異常行動に注意を 厚労省が対策公表へ

インフル患者の異常行動に注意を 厚労省が対策公表へ
今更ながら、何を言っているのか。

厚労省も焼きが回ったのか、厚労省の審議官がインフルなのかと疑ってしまうようなニュースだ。

インフルエンザ菌は、通常「風邪菌」の分類で、人体の免疫反応により「異物」と認識するため、リンパ球や好中球・NK細胞が攻撃する際に、その部位により一過性のアレルギー反応(咳・頭痛・発熱・吐き気・他)を発症する。至極自然なことである。

しかし、インフル患者の異常行動には隠れた原因があることを厚労省や医療機関が隠蔽している。それは・・・・・・・・

インフルエンザのワクチンが影響しているからだ。そもそもインフルエンザに罹患しても自然完治率は95%以上であるのに、前もってワクチンを接種する理由などないにも関わらず、国民の80%以上がワクチンを接種すことから、タミフルに関係なく、異常行動を起こす患者が出る。

ワクチンの溶液が体内に残存した状態でもインフルエンザに罹患する。これが原因となり異常行動を引き起こすことを、私たちは知らない。

異常行動のメカニズムは、ワクチンの添加物「水酸化アンモニウム」が、脳症を※中枢神経障害を発症させるからである。有名な「子宮頸がんワクチンの異常衝動」の原因も同様である。国は何故にワクチンを打ちたがるのか、よ~く考えてみれば、自ずと答えが見えてくる・・・・・

  • Category:医療
  • Author:管理者