新着情報

tooyama

新型コロナワクチンは急ぐ必要はない

新型コロナの第一回目ワクチン接種が、やっと始まった。
一般国民に対し、大規模摂取を各自治体が、摂取場所確保から実施に至るまでを実施する。
使用するワクチンは、米国製薬会社である「ファイザー社」である。
このワクチンには、大きな問題がある。それは、マイナス80℃で凍結保存する必要があるからだ。
なぜ、極低温での保管が必要なのか。その理由には、ワクチンに添加されている「不活化ウイルス」にある。
「不活化ウイルス」とは、コロナウイルスの蛋白物質だけ残して、増殖できないようにしたもので、言ってみれば
ウイルスを眠らせた状態にしていると言うことだ。そのために超低温凍結する必要性があり、ワクチンとしては、
非常に不安定なものであると言わざるを得ない。
これを常温解凍する時に、不活化ウイルスが活性化する可能性もゼロではない。

冒頭で「ワクチンは急ぐ必要なし」とした理由には、ワクチンが特効薬ではないと言うことである。
世界パンデミックから1年以上も経過しているが、何億年も自然界に存在していた「コロナウイルス」
が、何故今になって猛威を振るい、地球規模で驚異にさらされている現状に、大いなる疑問が湧いてくる。
少し視点を変えて考えれば、何億年の間にもパンデミックは起きているにも関わらず、人類は滅亡していない。
では、過去と現代を見比べた時に、生活様式や文明を考えれば、当然誰でもわかる答えがそこにはある。
その答えがわかった方だけが、ワクチン接種など無用だと気づくはずだ。
これらの理由を発信している大阪大免疫学フロンティア研究センターの宮坂昌之招聘教授の見解
https://www.tokyo-np.co.jp/article/47729
2021/06/08 コロナウイルス関連   tooyama

ENET25 INC ナノエレメントの販売を開始。

長期に渡り、全ての癌治療への臨床試験として、治験者様に提供してまいりましたK27.00.01ですが、治癒率が65%以上を確認しましたので、以前から商品化の要望がありました、ENET25 INC様に販売認可をいたしました。

今後は、ENET25 INC様より購入していただくことになりますが、ENET25 INC様のご厚意で、臨床試験にご協力下さいました患者様には、特別価格を設定いただきました。詳しくはENET25 INC様までお問い合わせ下さいますようお願い申し上げます。

K27.00.01ナノエレメントの説明

K27もナノエレメントも成分は全く同じで、容器充填工程も製薬会社で行っています。

大きな違いは、ラベルが臨床試験であるK27.00.01には、臨床治験と表記されており、ナノエレメントには販売価格が表記されています。

従いまして、研究所では一切の販売や、注文など固く禁じられておりますので、何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

尚、患者様の病態管理・疾患についてのご相談・緊急時の24時間対応・主治医とのカンファレンス・お問い合わせ等は、従来どおり無償で

ご利用できますので、ご安心下さい。

≫ Read More

2020/10/12 プレスリリース   tooyama
Tag:新製品

研究所のサイトをリニューアルしました

研究所規模拡大のため、名古屋分子生命科学研究所のサイトを全面リニューアルしました。
今後は、患者様が利用しやすいサイトを構築してまいります。

≫ Read More

2020/10/12 プレスリリース   tooyama
 2021/6 
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930

月別アーカイブ一覧

ブログ投稿者一覧

年別アーカイブ一覧