ブログ

ワクチンの仕組みと副作用

ワクチンは効果より副反応が怖い

ワクチンの作用と成分から説明しましょう。

ワクチンとは、病原体などを不活性(無毒化)にして、筋肉注射により体内に注入します。そのことで、人免疫細胞がその蛋白を覚えることで、免疫抗体ができます。こうして抗体を事前に作っておくことで、その類の病原体に侵入されても、即座に攻撃態勢を取れることから、重症化を回避できると言った物と理解してください。決してワクチンは、治療薬ではないのです。

さて、現在世界中で起きている、新型コロナ・パンデミックですが、米国ファイザー製薬にてコロナワクチンの製造が始まりました。
このコロナワクチンが、3ヶ月の臨床治験しか行わず、見切り発車でFDA(米国食品医薬品局)の承認を取り付けた、非常に危険性の高いワクチンだということを、皆さんは御存知でしょうか。3ヶ月では、安全臨床治験ができません。
更には、このワクチンに混入されているコロナウイルス原体がどこまで不活化されているのかも不明な状態です。
場合によっては、このワクチン接種を行ったために、不完全不活化ウイルスが目を覚ませば、現在のウイルスの何10倍もの感染力や強毒性を持つ、新種のウイルスで、数千万人の死者が出ることも考えられます。

もうひとつ考えなくてはならない事が、不活化ウイルスを体内に入れるための薬液に問題があるということです。
当然、不活化ウイルスを体内に入れただけでは、人の代謝機能で体外に排出されてしまいますから、意味がありません。
そこで、不活化ウイルスを体内に留めるために、接着剤が必要になります。接着剤と言っても、家庭にあるような有機性接着剤ではなく、塩化アンモニウム(強毒性)を使用します。
この塩化アンモニウムは、過去に子宮頸がんワクチンでも問題になったものです。
塩化アンモニウムが体内に入ると、血管壁を透過して血液に乗って、脳の中枢神経に蓄積されると、全身痙攣や疑似痛などを引き起こす危険も考えなくてはなりません。
2021/01/21 ワクチンの仕組みと副作用   tooyama